Speech Bubbleの使い方

目安時間:約 8分

 

Speech Bubbleとは?

 

カズキ
今日はワードプレスのプラグインについて

説明するよ。

最初はこのブログで使われている

Speech Bubbleという

便利なプラグインについての

説明だよ。

 

 

ユキ
私英語わからない!

 

ミズキ
外人みたいな顔してるくせに…

 

 

ユキ
最近ミズキからの

視線が痛い…!?

 

カズキ
そんなに難しい話じゃないよ。

Speech Bubbleってプラグインは、

今僕たちが話してるみたいに

吹き出しを表示させるプラグインなんだ。

今僕たちが話せてるのは

このプラグインのおかげなんだよ。

 

ユキ
そーだったんだ!

知らなかったよ…

 

カズキ
具体的に説明していくね。

 

 

Speech Bubbleの使い方

 

ワードプレスのダッシュボードを開き、

プラグインの「新規追加」をクリック。

 

 

 

キーワードに「Speech Bubble」と入力する。

 

 

出てきたプラグインを今すぐインストールし、さらにそのまま有効化する。

 

 

これでインストール完了し使える状態になる。

 

 

 

 

 

ミズキ
これだけでいいんですか?

何か設定とかはいらないんですか?

 

カズキ
何も必要ないよ。

あとは実際に入力して

その場で調整するんだ。

具体的なコードを教えるね。

Speech Bubbleの基本コード

 

基本構成はこんな感じです。このコードを実際に打ってみると、

 

テストくん
テストだよ

 

こうなります。あとはそれぞれの項目を変更すると微調整できます。

 

 

speech_bubble type="std"←ここを変えると、吹き出しの形を変えられます。

 

drop・std・ fb・ fb-flat・ln・ ln-flat・ pink・ rtail・ thinkの9種類です。

 

実際に使って試してみるといいでしょう。

 

 

subtype="a"←ここを変えると吹き出しを表示する位置を変えられます。

aが左、bが右です。

 

 

icon="1/jpg"←ここを変えると、表示する画像を変えられます。

 

表示する画像を変えるには、FTPツールで画像を所定のフォルダに入れておく必要があります。

 

パスは public_html/wp-content/plugins/speech-bubble/img/ です。

 

 

 

name="テストくん"←ここを変えるとアイコンの下に表示される名前を変えられます。

 

 

 

]テストだよ[/speech_bubble]←この][の間に本文が入ります。

 

本文にはタグが使えますので、太文字にしたりフォントを大きくしたりできます。

 

 

 

以上が基本的な使い方になります。

 

 

 

 

ユキ
こんなふうになってたんだね!

全然知らなかったよ!

 

カズキ
特別なテンプレートがなくても

吹き出しが使えるから便利なプラグインだよ。

ぜひ使ってみてくださいね。

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. 胡桃 より:

    ランキングからきました。胡桃と申します。
    パソコン初心者の自分にはプラグイン?って感じでしたが、
    先ほど経験させていただきました。

    大変、為になりました。
    また、訪問させていただきます。
    応援させていただきます。

  2. さゆこ より:

    カズキさん こんにちは!
    さゆこです

    吹き出しのプラグインもあるんですね~。
    知りませんでした(^o^;)

    WPのプラグインは本当にいろんなものがありますね。
    ついあれもこれもと入れたくなってしまいます。

    • カズキ より:

      さゆこさんコメントありがとうございます!

      WPのプラグインはいろいろありますよね。
      私は吹き出しを使いたくて色々探した結果
      このプラグインが見つかったって感じです。
      だいたいのことはプラグインでなんとかなるのでWPは自由度がありますよね!

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ

成長因子 発毛